一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

JUGEMテーマ:中国

 

6日に帰国して、8日に風邪をひいてしまい更新が遅れました…8日間、しかも夜中の便だったのでさすがに疲れたみたいです。寒暖の差も凄かったですし…これからは暑くなるから熱中症に気を付けないといけませんね。

 

さて、今年のGW。

昨年のGW頃に、10連休になるかもしれない!というニュースを聞き、それに賭けて早めにANAの特典航空券をゲットしておきました。噂通り見事10連休になり(主人は有給取りましたが)、いやー良かった!

 

今回は旧満州の哈爾浜(ハルビン)へ行き、そこから長春まで中国高速鉄道(新幹線)で移動し長春から帰国する予定です。

4月29日から5月6日までの長丁場!!長すぎて替えのパンツが足りません!

 

 

27、28日は家でダラダラ過ごし出国ラッシュの様子をテレビで観たりして、29日。夕方の便なのでのんびりバスで成田空港まで行きます。早く有楽町に着いたので本屋で立ち読みしていたら都内の立ち食い蕎麦屋72店をまとめた本があり、それだけで一冊本ができるってすごいよね〜などと主人と言い合ってました。

 

 

字ばっかりだと飽きるでしょうから写真載せます。

バス停の近くに咲いていた牡丹。玉兎という可愛い名前の品種らしいです。

 

バスは千円で安いんですがいかんせん時間が不規則なので早めの出発です。以前は中国人ばっかりでしたが、最近様々な国の人が乗ってますね!

ミロク達の前の席にはメキシコ人の夫婦だかカップルが座り、延々大声で電話した挙句断りもなくガーン!と思い切りリクライニングを倒してきたのでドリンクホルダーがミロクの足にぶち当たりました。

さすがに痛いので肩を叩いて戻してもらいましたが、特に当たらなかった主人の方は戻してもらえずかなり窮屈な思いをしてたみたいです。でもまあ倒すなっていうルールがあるわけじゃないしね。電話は切れと思うけども。

 

バスのアナウンスでは道が渋滞しているとのことでしたが全くそんなことはなく、むしろ10分ほど早く到着しました。良かった。

 

で、まず成田に着いたらチェックインの前にやることがあります。

中国では電子マネー決済が盛んなので、バスや地下鉄で支払いができるようにとWeChatPayを使いたかったんですよね。

でも、今のところ日本人が中国元をチャージする方法は

Pocket Changeという、基本的には余った外貨を電子マネー等に変換できる機械を使う

VPAYFASTという支払い代行サービスで入金してもらう

の2つしかありません。

実はVPAYFASTのほうは帰国してから知ったので、今回はPocket Changeから入金します。

詳しい使い方はホームページを見てもらうとして

 

 

連休前にTwitterでバズってたせいか結構使ってる人がいました。

この機械に、今回は日本円を入れます。便利ですがレートは全くよくありませんのでこれで全額賄うというのは勿体ないです。今回は交通機関の支払いに使えればいいやと思っていたので主人に3000円、ミロクに2000円チャージ。

お釣りや金額指定は不可能で入れたお金は戻ってきませんので崩してから必要な分だけ入れましょう。

そして結論から言うとWeChatだけでは哈爾浜でも長春でも地下鉄・バスの支払いはできませんでした…。

それでもとても便利ですWeChatPay。この後の記事でまたご紹介しますね。

 

 

さて、お金を入れるとどこの国の何のサービスに変換したいか選択しろと言われるので今回は「中国」「WeChat(微信)」を選択します。

するとQRコードが印刷されたレシートが出てきますので、それをWeChatアプリのマネー画面で読み取ってSMS(海外からのSMSを許可してないと届かないので、その場合は電話をかけて番号を聞く。英語音声)で送られてきた番号を入力するとチャージ終了。

 

 

 

2,000円入れて106人民元、1,710円ですから先述したようにレートは悪いです。でもほかに方法がない(とこの時は思ってたしVPAYFASTはなんだか心配だしそっちのレートも良くない)のでしょうがない。

 

※WeChatPayを使うには事前にクレジットカードを使ったアクティベートが必要ですので予め行っておきましょう。

そこで使ったクレカで支払いできれば苦労はないんですが、今のところ中国で発行されたクレカでないと支払いには使えません。日本のクレカはあくまでも本人確認に使うだけです。

 

 

とりあえず一つやることが終わったので次は宅急便で送ったスーツケースを引き取りに行きます。

主人が楽天プレミアムカードのクーポン使ってくれてタダだったのは良かったんですが、引き取りの時にクーポン番号出せと言われて分からず…結局係員さんが(もういいやめんどくせ…)みたいな感じで渡してくれました。

楽天と主人はどうも相性が悪くて、カード作った直後も楽天市場とe-naviの紐づけが上手くいかなくて支払いができなかったりして印象良くないみたいです。

しかし結構手間取ったので早く来ておいて良かった〜。

 

ようやっとチェックイン。連休初日ほどではないようですが、それでも優先カウンターでもこの列。

 

 

SFC会員(乞食)さまさまです。ありがたや…。

 

 

荷物を預けたので出国前に少しお買い物。成田2タミのお店増えましたね!人も多い!

 

 

トラベラーズファクトリー、以前と場所が変わってしかも狭くなったような。

ステッカーなどを買いました。楽しいな。

 

 

保安検査はプライオリティレーンだから空いてるし出国も無人ゲート登録してるのでサクっと通過。

まずは一番手前のUNITEDのラウンジへ行きます。ここは白人さん多いから静かだし空いてるし明るくて広々していて好きなんですよね〜。

 

 

食事もなかなか美味しいのです。

チャーシューの海苔巻きが美味しかったな〜。主人はラス1のバンホーテンミルクココア(インスタント)をゲットしてました。

 

 

 

このアエロメヒコにあのバスのメキシコ人たちが乗っているのかな〜?

 

 

 

UNITEDラウンジの前にUNITEDの飛行機が。いつもラウンジではお世話になってるけど乗ったことないな…。

 

 

我が家のマスコットたちもパチリ。

後ろの飛行機の塗装が珍しいらしく、主人が席を立った隙に中国人らしき男の子がミロク達の席までズカズカ入って来て写真撮ってました。

 

 

 

自分でお金出しては買わないけどこういうの好き。

 

 

 

食べ切れませんでした。ごめんなさい。向かいの席の白人さんが塩せんべい取ってきて「なんじゃこりゃ」みたいな顔して食べてたのが印象的でした。

 

 

ANAのラウンジの方が搭乗ゲートに近いのですが、席によっては電源がないことがあるので2時間ほどのんびりしてからANAラウンジへ移動。

 

 

たいして美味しくもないのに取ってしまうトンコツラーメン。スープはいいんだけど、麺がね…。

 

 

 

ここは地下だから窓もなくて暗いしねえ。

 

なんて言っていたら。

ラウンジ内の放送でミロク達の名前が呼ばれ「お伝えしたいことがございますので〜」のアナウンス。こ、これは!もしや!!!

二人でいささか速足になりコンシェルジュデスクへ向かうと

 

 

きたぁーーーーー!!!

まさかの特典航空券エコノミーからの、ビジネスへのインボラです!!嘘ぉ!?

うあーーー、エコの機内食が天ぷら卵どんぶりとかいうどうでも良さそうなメニューだったからラウンジでガッツリ食べたのにぃ!

 

 

ということで

 

 

じゃじゃーん!

 

 

 

じゃーん!

 

 

 

お、良かった、大したメニューじゃなかった(ステーキだったら泣いてた)。

今回は乗り換えがあるので目的地の哈爾浜までではなく上海までの3時間弱の飛行なのでビジネス堪能できる時間も短くて少し残念ですが、いやいや、贅沢言っちゃいけませんね。ありがたいことです。

 

 

 

安全ビデオが歌舞伎風で面白いんですよね。役者さんたちのインパクトが強くて内容があまり頭に入ってこないですけど。

 

 

 

このあられ食べたことないな…。

 

 

 

主人はビジネスの特権・シャンパンを頼んでましたがド下戸のミロクは茅乃舎のだしスープ。

 

 

 

食事はミロクが洋食、主人が和食にしました。

 

 

 

実は鯛って嫌いなんですけどデザートがピエール・エルメでしてね…対する和食のデザートが高知土産の「かんざし」ってのがどうも納得いかないので洋食にしたんですが…せめてピエール・エルメに対抗するなら虎屋の羊羹くらい出してもいいのではと思います。

そのデザート、デセール ビクトリア(ダコワーズココ、ココナッツ風味ムスリーヌ、ライム風味パイナップル)(長い)はさっぱりしたパイナップルとココナッツの風味で大変美味しかったです。

 

 

画像荒くて申し訳ないんですが、この箸が収まってた紙。

 

 

ここに箸を通してあって

 

 

 

なんと箸置きにもなるという日本ぽい細かい芸。これは何番か分からないけどレザックですね…。

 

 

ビジネスクラスの座席は大変快適でしたがめちゃくちゃ揺れて怖かったし、隣の席の白人のオッサンが始終ゲホゲホ咳をしていたのが不愉快でした。マスクしろよ!

 

映画はメリー・ポピンズ リターンズを観たんですが元々の飛行時間が短い上に一番前の席=離着陸時はモニターを出せないので最後までみられませんでした。でもまあ春祭りのとこまで観て大体の想像つくからいいいや。

 

 

 

 

 

降機する時間になると安全ビデオのメイキングが流れるのが面白い。

 

 

上海ではまさかの沖止めだったのでビジネスで有難い…バス座れるもんね。後から乗ってきた中国オババが容赦なくミロクに寄りかかってきてましたけども、意外にも上海は寒かったのでオババの体温が有難かったです。あったかい。

 

イミグレの前にまず顔写真と指紋を撮影するのですが、そこも一番乗りできたのでサクサクっと入国できました。ビジネス万歳!!

次に哈爾浜まで行く飛行機はチャイナエアなので荷物を一旦引き取らないといけません。それがチェックインするまで分からなかったので一泊分の荷物をリュックに入れてたので重たかった〜。今日は上海に泊まって、明日の早朝の飛行機で哈爾浜まで行くのです。

 

ホテルは空港内にあるのですが、まずは中国元を用意します。

 

 

今回は楽天プレミアムカードで海外キャッシングするとATM手数料、利息がキャッシュバックされるキャンペーンをやっていたのを主人が目ざとく見つけてエントリーくてくれいていたので外貨両替ではなくキャッシングにしました。どうもお金を借りるというのは気分が良くないですが、まあ翌月すぐ返すわけですし両替手数料もかからないので一番レートがいいんですよね。

英語表記になってますけどもCREDIT(クレジットカードから)とWITHDRAWAL(引き出し)くらいしか使いませんので大丈夫。

あ、場所によるのか時間によるのか分かりませんが、この時(平日深夜)は一度にキャッシングできる上限が2000元でしたのでご注意を。当然ですが3000とか下ろしたい場合は2回分手数料がかかります。

 

 

お金も下ろしたし、スタバで可愛いタンブラーがないか物色もしたし、コンビニで飲み物も買ったのでホテルへ向かいます。

空港内にあるホテルは大众空港宾馆だけです。

1タミと2タミの間にあるとのことですが、まずは案内板の「磁浮」(Maglev)、リニアモーターカーのことですがそっちの方へひたすら歩きます。

 

 

赤い丸をしたとこですね。

 

 

 

 

 

 

 

謎オブジェを見つつひたすら直進。

すると

 

 

こういう円筒形のものが見えてきます。

白い矢印の所から入ると地上へ行くエレベーターがあるのでそれに乗ります。

 

 

 

外に出るとすぐエントランス。

南棟と北棟に分かれてますがどっちへ行けばいいのかよく分からないので適当に言ったらフロントの人に「ごめんね北棟だわ」と言われて逆の棟へ行くよう言われました。

 

 

2つの棟の間にこういう丸っこい建物があって、ここはバーになってるみたいです。

空港が見えるから時間がある人はのんびりお酒飲んだら眺めがいいんじゃないでしょうかね〜。

 

 

 

めっちゃ中国チックな内装。

チェックインしたら反対側にあるキャッシャーでデポジットを払います。いくらだったかな…。忘れちゃいました、ごめんなさい。でも必要だったのは間違いないので現金かカードのご用意を。

 

 

客室へ移動。

廊下は吹き抜けになってます。

 

 

 

微妙に湾曲した廊下。

部屋番号の並びが謎で、自分たちの部屋を探すのに少し手間取りました。

 

 

 

窓からは空港が見えます。寝るだけですし大した室内でもないので部屋の写真ナシ…。

あ、そうそう、備え付けのドライヤーの風量がものすごいな!と思ってたらなんと途中クールダウンが必要で数分待たないと使えませんでした。結構短めのショートかつ髪量少ないミロクでも1度では乾かしきらず無為な数分間を過ごす必要がありましたので、長い人は大変だと思います。自分で持って行ったほうがいいかも。風邪ひかないようにね。

 

旅客機は1時くらいまでで終わりですが貨物機等は夜中でもガンガン飛んでて結構ゴーっという離陸音がうるさいです。気になる人は耳栓しましょう。

夜遅いし明日の朝めっちゃ早いのでさっさと寝ます。いやーでも今回はまさかのビジネスインボラで素敵な旅の始まりでした!!

 

 

長いので続きは別の記事で!

 

 

  • -
  • 21:32
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM